【ずぼらな私でも苦にならない!】スキンケア方法

わぁちゃん
わぁちゃん

こんにちは。わぁちゃんです!

早速ですが、みなさんはどんな順番、方法でスキンケアしていますか?

 

私はメイクを含め、スキンケアに興味を持ったのが高2の時だったので、それまではお母さんの化粧水などを借りてマネしてつけるだけでした💦

美容に興味を持ち始めてからは「肌がきれいだね!」と言われることがうれしくて、きれいな肌を保つためにはどうしたらいいのか?と考え、自分でもいろいろ試すようになりました!

ですが、私は自他ともに認めるめんどくさがりなんです…

なので今回は、ずぼらな私でも苦にならずに続けてられているスキンケア方法をお伝えしていきます!

基本的な順番

まず、スキンケアの基本的な順番をお伝えしていきます!

①クレンジング・洗顔

夜は1日のメイクをしっかり洗い流します!

《ずぼらポイント!》

クレンジングと洗顔はお風呂のついでに行うので、洗面所ではなくお風呂場でシャンプーなどと一緒に済ませてしまいます!

また、クレンジングはダブル洗顔不要のものをなるべく使っています!

そうすることで、肌への負担も少なくなるし、めんどくさく工程を1つ省くことができます!

※ダブル洗顔はなるべくしないようにしていますが、化粧が残っていると後々肌トラブルにつながるので、しっかりと洗えているか確認は必要です!

アイメイクが濃い場合は1回で落としきれないことがあるので、先に目元だけクレンジングしてから全体をクレンジングするときれいに落ちます!

②化粧水

肌に水分を与えます!

《ずぼらポイント!》

化粧水を行うときは手でもコットンでも大丈夫です!

ただ、ついつい後回しにしてしまって肌が乾燥してしまうこともあるので、その対策として霧吹きタイプのスプレーに化粧水をいれ、顔に吹きかけるようにしています!

いちいち化粧水を手に取るのがめんどくさくてなかなか行動できなくても、スプレーなら顔に吹きかけてサッとなじませるだけでとりあえずは大丈夫なのでお手軽です!

③美容液

肌悩みをカバーしてくれるプラスワンアイテムです!

《ずぼらポイント!》

指先に少量出して、気になるところとその周りのピンポイントに使っています!

正直、美容液は使っても使わなくてもいいと思っています!

もちろん悩みがあるならケアのために使った方がいいとは思いますが、しっかり潤いのある肌なのに、もっと欲しいからとさらにプラスで使用した際、過剰だったのか逆にニキビができてしまったこともありました。

なので、必ず使わなければいけないものではないと思います!

④乳液・クリーム

水分だけだと蒸発してしまうので、油分で蓋をしていきます!

《ずぼらポイント!》

手の平全体を使ってパパっと顔全体に伸ばします!

 

パックはずぼらさんの強い味方!

フェイスパックって聞くと手間がかかりそうだから普段全然やらない!という声を聞いたことがあるのですが、私はずぼらさんの味方だと思っています!

そもそもパックはつけて10~15分ほど時間を置くのでそれがネックになっている方が多いんだと思います。

でも、化粧水→美容液→乳液の3工程がたった1枚でできるって考えるとめちゃくちゃ楽じゃないですか?

時間をおいてる時間も1人暮らしだと家事をやったりできるので、時間も有効活用できると思います!

フェイスパックは自分にとってのご褒美って感覚もあるし、1枚でケアできるっていう手軽さもあるので、一石二鳥だと思います☆

シートタイプが苦手な方は塗るタイプがおすすめ!

フェイスパックを使うことの手軽さをお伝えしましたが、やっぱりシートをはがす工程が嫌!という方も中にはいるかもしれません。

そんな方には、塗るタイプのスリーピングパックがおすすめ!

顔のパックだと、塗って洗い流すものや、シートタイプも多くありますが、スルーピングパックは寝ている間にするパックなので、翌朝の洗顔時に洗い流せばOKです!

ジェル状やクリーム状のものが多いく、基本のスキンケアの最後に顔に塗ればOKなので、洗い流すことも時間を置くことも必要ありません!

まとめ

今回は、ずぼらさんや時間のない方でも負担にならずにスキンケアする方法をお伝えしてみました!

わたし流なので参考になったかはわかりませんが、少しでも自分のきれいを作ることへの手助けができていればうれしいです。

パックに抵抗があった方もスリーピングパックなど手間を感じにくいところから挑戦してみてくださいね!

 

SEOに強くておしゃれなサイトを作りたい欲張りさんにおすすめ!クールでおしゃれなデザインのWordpressテーマ『THE THOR』  着せ替え機能で初心者でも簡単におしゃれなサイトを作成可能。個人ブログから上位表示を狙ったサイトまで、幅広いシーンで使えます。
【THE THOR(ザ・トール)】