403エラーがでちゃうときの対処法

こんにちは、わぁちゃんです。

このサイトはcocoonテーマで作られているのですが、以前cocoonテーマを使っていたのですが、サイトデザインを変更しているときに、403エラーが発生してしまいました。

 

原因は契約しているレンタルサーバーのWAF設定に問題が…

今回は、cocoon設定で403エラーが出てしまった時に試した方法について紹介します。

 

この記事では、Wordpressテーマはcocoonを使っている&レンタルサーバーをロリポップを使っている私が行って改善したことを書いています。
cocoon以外のテーマを使っている方、レンタルサーバーがロリポップ以外の方でも403エラーが改善するかはわからないので、ご了承ください。

 

わぁちゃん
ひと手間かかりますが、方法自体はとても簡単なのでweb初心者でも大丈夫!

 

 

403エラーの改善方法

 

cocoon設定で設定を変更後、全ての変更を保存する際に403エラーが表示されました。

403エラーが発生した原因は、レンタルサーバーでのWAF設定が有効になっていることが原因だったので、変更する時だけ一時的に無効にすればエラーが出ずに保存することができました。

 

WAF設定を無効化

まずは、自分のロリポップ!にログインし、ユーザー専用ページを開きます。

そして、セキュリティからWAF設定を開いてください。

 

 

 

WAF設定を開くと、ドメイン名が出てきて、右側が「有効」になっていると思います。

 

 

サイトに使っているドメインを有効から「無効」に一時的に変えてください。

※保存ボタンなどはないので、クリック1つで無効になります。

すぐに反映されないため、表示が無効になってから5~10分くらい待つとWordpressでの保存ができるようになりました。

 

WAF設定はサイト改ざん対策などセキュリティ対策になるため、普段は有効にしておくのがおすすめです。
めんどくさいですが、変更がおわったら再度「有効」に戻すのを忘れないようにしましょう。

 

ロリポップ!は初心者にもおすすめ

 

WordPress利用に欠かせないレンタルサーバー。

いろいろな会社があり料金やサービス内容も様々ですが、費用も抑えられて登録も簡単なロリポップ!は初心者にもおすすめ。

 

わぁちゃん
初めて使うサーバーがロリポップ!だけど、電話サポートしてくれたり、検索で改善方法が出てきやすいので初心者でも使いやすかったよ!

 

  • ロリポップ!ユーザーページからWordpressのダウンロードができる
  • 不明点でのサポートをしてくれる
  • 月額使用料が安い(契約は月額×12か月分)

 

月額使用料はWordpressが使えるコースで275円(税込)~とかなり安い。

ですが、容量や速度、電話サポートの有無を考えると550円(税込)~がおすすめです

 

 

 

わぁちゃん
10日間の無料お試しがあるので、気になる方はぜひ試してみて~!

 

 

まとめ

 

ロリポップ!×cocoonの組み合わせだとこの方法で解決しました。

 

  1. ロリポップ!のユーザー管理画面にログイン
  2. セキュリティ→WAF設定を開く
  3. サイトドメイン名の横を有効→無効に変更する
  4. すぐに反映されないため、5~10分経ってから、cocoon設定で変更・保存する
  5. cocoonでの変更作業が終わったら、WAF設定を有効に戻す

 

少し面倒ではありますが、難しくはないので403エラーで困っていたらぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

SEOに強くておしゃれなサイトを作りたい欲張りさんにおすすめ!クールでおしゃれなデザインのWordpressテーマ『THE THOR』  着せ替え機能で初心者でも簡単におしゃれなサイトを作成可能。個人ブログから上位表示を狙ったサイトまで、幅広いシーンで使えます。
【THE THOR(ザ・トール)】