【旅レポ】横須賀から行ける無人島で自然に触れてきた



ステイホーム、テレワークで自宅にいる時間多くなり、外出したい欲が高まってきている人も多いと思います。

遠出は少し不安だけど、近場で普段できない経験がしたい。

そう思って探していたところ、横須賀(神奈川県)から船で10分のところに無人島があることを知って行ってきました!

わぁちゃん
わぁちゃん

・都心から近いところに遊びに行きたい

・自然を感じたい

・写真スポット巡りがしたい

猿島では、こんな想いを叶えてきました。

猿島

猿島(猿島公園)は、東京湾に浮かぶ唯一の無人島らしいです。

周りが海に囲まれているので、釣りやBBQ、夏は海水浴も楽しめる場所になっていてとても賑わっていました。

BBQや釣りの機材は島内のレンタルショップで借りられるのも身軽で行けるのでうれしいですよね。※食材は持参になります。

また、猿島には貴重な歴史遺産が存在するため建物巡りが好きな方や、写真が趣味な方にもお勧めできる場所です!

島は1~2時間ほどで回れたので、丸1日あけなくても行けるところもポイントです。

猿島<公式HPはこちら>

歴史遺産巡りとフォトスポット

猿島では海の遊びもできますが、今回は自然に触れることと思い出に写真を残すことをメインに行ったので、歴史遺産巡りとフォトスポットを堪能してきました。

歴史遺産散策

猿島には歴史遺産が存在します。

猿島にはかつて砲台が置かれ、東京湾を守る要の役割をしていました。そう、ここは〝要塞の島〟だったのです。当時は一般人の立ち入りが禁止されていたため、貴重な自然や歴史遺産が残されたことにより、2015年に「国史跡」に指定されました。

砲台が置かれていた島なので、弾薬庫の跡地も多く存在していました。

また、昔歩いていた道(ブロック)もそのままにされていて、周りは歩きやすいように木の橋になっていますが、一部くりぬかれていて昔の道が分かるようになっていました。

歴史遺産散策は、自分たちで自由に回ることもできますが、ツアーもあるのでツアーの参加した方がより詳しい説明を聞くことができると思います。

 

フォトスポットも充実

船を降りると、首からカメラを提げている方が多く写真を撮りに来ている方が多いように感じました。

歴史遺産巡りで回ったところはもちろん、壁に生えているコケや建物を撮る角度にしても光やその日の天気次第で映り方が変わるので、カメラを持っている方はみんな思い思いにシャッターを切っていました!

私的なおすすめは、レンガのトンネルの中の壁です!

出入口付近と中では、光の入り具合が違うので同じレンガの背景でも違うもののように感じました。

トンネル内は薄暗く、感覚をあけてライトがついているのでエモい写真が撮れそうです。

船の上での写真もなかなか撮る機会がないので、しっかり納めておきましょう♪

海にカメラやスマホを落とさないよう、注意してくださいね。

行き方・料金

京急線「横須賀中央駅」から徒歩15分ほどのところにある三笠ターミナルへ向かいます。

往復の乗船券を購入したら、いざ船へ!

料金は往復の乗船券1400円+猿島公園入園料200円の合計1600円でした。

猿島は船で約10分のところにあるため乗船時間は短いですが、乗り物に酔いやすい方は酔い止めなどを事前に飲んでおいたほうがいいかもしれません。

船の上は室内はなく椅子があるだけで、座ってもいいですし立っていても大丈夫です。

私も酔いやすいタイプですが、ずっと風にあたっていたので10分の乗船は船酔いもせずあっという間でした。



気をつけたほうがいいと思ったこと

猿島がどんな場所かわからなかったため普段通りの服装でいきましたが、反省点がありました。

被り物に注意

普段船に乗ることがないためわからなかったのですが、船の上は風が強いです。

髪がバサッとなるくらい風が強かったため、帽子やターバンなどを頭につけていく際は、飛ばされないようにしっかり押さえながら乗船しましょう。

スカートに注意

スカートも風がある日はふわっと広がってしまうので注意が必要です。

穿いて行くならフレアスカートやシフォン生地などの広がりやすいものではなくタイトスカートなどがいいと思います。

ヒールに注意

猿島は島1周を1~2時間で回れる小さい島ですが、坂が多いので足が疲れます。

小さい島だからと言ってヒールで行くと歩きにくいと思うので、歩きやすいスニーカーやフラットシューズで行くのをおすすめします。

まとめ<猿島は晴れている日に行けば最高>

初めて行った猿島ですが、天気は曇っていて晴天ではありませんでした。

曇っていても素敵な写真がたくさん撮れたので、晴れている日ならもっと素敵な写真が撮れるはずです。

普段ビルが多い場所に住んでいるからこそ、自然に触れてとても癒されました。

 

SEOに強くておしゃれなサイトを作りたい欲張りさんにおすすめ!クールでおしゃれなデザインのWordpressテーマ『THE THOR』  着せ替え機能で初心者でも簡単におしゃれなサイトを作成可能。個人ブログから上位表示を狙ったサイトまで、幅広いシーンで使えます。
【THE THOR(ザ・トール)】